LINEで送る

ウォーキングレッスンへはかかとの擦り減っていない靴をお持ちいただいています。
どうしてでしょう??
以前にこんな質問がきましたのでシェアしますね。

・・・・・・・・・

Q:かかとのすり減っていない靴が無い場合はどうしたらよろしいですか?

(すり減りがどれくらいか、写真を添付いただきました)

A:お写真ありがとうございます。

結構すりへっていますよ!!
歩き方は外側重心、内また傾向があるかもしれません。
この磨り減ったままの状態ではいて歩くと、
足裏が地面に対して斜めになって歩くことになり、
足の外側に体重がかかります。

足のライン、骨盤にもよくないのでできれば、
靴底張替えをオススメします。

ミスターミニットなどの靴修理屋さんにもっていくと
数千円ではないでしょうか。
靴底はすり減ってきたら、修理すると同じ靴も長く履くことができます。

ぜひ修理をして欲しいところです。

もし間に合わないようであれば、またご都合もあると思います。
その場合は靴を履かずに靴下でレッスンにご参加いただいてもいいです。

また何かご質問あればお気軽にどうぞ。
お会いできるのを楽しみにしています!

・・・・・・・・・

af0100000178l
かかとの磨り減っている靴のまま歩いていると
足に負担がかかりますし、歪みを引き起こす原因にもつながります。

みなさん、お持ちの靴の、靴底をチェックしてみてくださいね!

~ ウォーキングセラピスト AKI ~

LINEで送る