【心の鬱に】運動・ウォーキングのススメ!

LINEで送る

落ち込んでいるときには

やる気が出なくて

身体が石のように重くてだるくて

誰にも会いたくなくて

自分の世界がどうしてこんなにまで

不幸でついていないのだろうかと

 

生まれてからこれまでの

過去をさかのぼり

あれもこれも

あーだった、

こーだった。。。

 

不幸せな出来事と理由をを

たくさん思い出して数えてみたり。。

 

 

 

 

鬱ってこういう症状のことだろうと

深夜にスマホで検索しては

同じような状況の人はいないかとブログを読み漁ったり。

 

 

 

くよくよネガティブになっていたのは

 

実は、他の誰でもない

私なのです。。。

 

2016aki

 

もうどこからも

何にも力が出てこなくて

消えていなくなってしまいたいと

思うほどであっても

 

 

それでもやっぱり

身体は消えないし

自分で人生を強制的に終わりにすることは

私にはできません。

 

 

 

しっかりしなくちゃ

元気を取り戻さなくちゃ、

生きていかなくちゃって。

 

 

 

 

そうして

私がまず最初にしたことは

 

 

 

運動!

 

つまり、

身体づくり。

 

 

 

 

くよくよしている時って

自宅にこもりがちなので

確実に運動不足。

 

 

使わないからこそ

筋肉も削げ落ちて

弾力のない肌。

 

 

血液循環・新陳代謝もよくないから

余計に顔色も悪く不幸顔に。

 

 

悪循環の連鎖。

 

 

 

心の鬱は

身体にも悪影響・・・。

 

 

 

 

 

それを断ち切るために

 

 

 

運動!

 

 

といえば

やはりウォーキングです。

 

 

 

 

 

姿勢を正して

酸素が良くいきわたるように

呼吸を意識して整えます。

 

スニーカーで

1秒に2歩と速度は速めに歩きます。

 

歩幅は広めに、

蹴りだしを強くして

もう脚が伸びないというくらい

思いっきり脚を使って歩きます。

 

 

足裏ももちろん

しっかりローリング。

 

 

 

 

私は午前中にウォーキングと合わせて

1時間ほど運動をとりいれています。

 

 

その後、

仕事をすると

すっきりとした身体は

思考もクリアになっていますので

いいアイデアも浮かびますし

考えがまとまりやすくなるのを感じます。

 

 

これは、ウォーキングによって

自家製ホルモンが分泌され

脳が活性化することによって起きる現象です。

 

 

そして、

ウォーキングは有酸素運動。

 

酸素をしっかり体内に取り込んで

眠っていた細胞1つ1つを目覚めさせ

元気にしていきます。

 

 

 

心が傷ついて

ボロボロになったときに 

 

 

運動しなくちゃ、と

すぐに気持ちの切り替えは

私も難しかったのですが

 

 

落ち込んで落ち込んで

消えたくても消えることが出来なくて

 

 

もう逃げ場がどこにもなくなったら

 

 

 

さあ、ウォーキングしましょう。 

 

 

 

 

心の元気を

身体から 

取り戻していくことができます!

*実証済み(^^)!

 

 

 


 

身体が元気になると

くよくよしてなんかいられなくなって

 

 

自然に人に会いたくなって

出かけられるようになります♡

 

 

 

 

 

人は人によって

思わず傷つけられてしまうこともあります。

 

 

ですが、

 

 

人は人に出会い

コミュニケーションによって

笑顔を取り戻し

元気にまた生きていくことができます。

 

 

 

元気になった人は

人に救われたことによって

 

「恩返し」として

 

今度は自分が

誰かを元気にしてあげたくなるもの。 

 

 

 

 

身体を元気にすることで

心も元気に向かっていくと

 

 

現実を冷静に見つめ

環境を変え

前に進む勇気も湧いてきます。

 

 

 

 

 

今、ちょっと元気のない人は

いいお天気の日に

是非スニーカーで

お散歩ウォーキングしてみてくださいね(^^)

~ ウォーキングセラピスト 多村亜希子 ~

 

 

ダラダラ歩いたらもったいない!
心も身体も元気に、
脳内ホルモン分泌に最適なウォーキング法

ご自身のために身につけてくださいね♪

【期間限定!】NEWウォーキングレッスン

 

 

 


LINEで送る