階段の上り下りの歩き方はどうしたらいいですか?
という質問をよくいただきます。

気をつけるポイントをご紹介しますね♪

階段では着地が不安定になりがち。
だからこそ歩くラインを意識して足運びをしましょう。
 

着地の足の向きにも気をつけます。
 

内股で着地をしてしまうと、

体重が足の外側にかかってしまい、

フラフラ横揺れしてしまいます。

私はハイヒールなど、

かかとの細い靴を履いているとき
 

階段では必ず手すり側を歩くようにしています。

急いでいる人にぶつかったり、邪魔されずに、
 

自分のペースで1歩1歩きちんと足運びをして降りれるから。
 

姿勢だって崩れません。

 

 

また、運動として意識してぜひやってほしいのが
 

階段の上りでカカトをつけずに足のつま先で歩くこと。

 

ふくらはぎの筋肉がしっかり使われるので、
 

エクササイズになりますよ♪

          ~ウォーキングセラピストAKIKO~