ウォーキングセラピストのAKIKOです。

今日は現在女性に増えてきている
尿漏れとの関係を考えて記事にしていきますね。

今は20代女子にも広がってきていると言われている尿漏れ。

尿漏れが起きる原因は
骨盤の底にある、骨盤底筋と呼ばれる筋肉が弱り
ゆるんでしまったことにより尿もれが起こります。

お腹に力がかかった場合、この骨盤底筋が弱っていると
通常反射的にしめられている尿道口が締まらないため尿もれしてしまうのです。

この骨盤底筋が弱ってしまう原因は

・妊娠や出産
・肥満
・加齢
・運動不足
・筋力不足などが挙げられますが

一番は、便利な生活になったことによる
筋力不足ではないかと私は感じています。

よく言われているのが
着物を着ていた時代の女性のお話。

紙ナプキンがまだなかったため
生理の月経血をトイレにいくタイミングでコントロールできていたとのこと。
1か月のうちの生理期間の5日を
骨盤底筋を意識し、しっかり筋肉使って過ごしているということ。

生理用ナプキンやタンポンの便利グッツで、いかに生理を忘れるくらい快適に過ごせる現代では骨盤底筋を使うタイミングがないですよね。

そして私たちは便利な時代に生きているので
ほとんど歩かなくなりました。
生活に必要なあらゆるものを買いに出かける必要もなく
ポチっとワンクリックで家に届きますね。

どんどん便利な時代に進化していて嬉しい反面
その影響で私たちの身体は衰えてきている気がするんです。

だからこそ、「歩く機会」には
姿勢を正して、骨盤底筋を意識して
1歩1歩丁寧に歩いていきましょう。

日常の歩行を自分の意識で運動にかえていくんです。

信号待ち、ホームで電車待ち、エレベーターのなかで。
立っている時にも姿勢を正すことと一緒に
骨盤底筋を締めて立つことで筋トレエクサイズにもなります。

これまで全く無意識だった
歩く、立つの動作を運動にする選択は
あなたの身体をいきいきと元気にすることができますよ♪

今日もお読みくださりありがとうございました!
12AC2439-F5B1-492C-BD57-CF0F7D01ABA1