強い大人の女性になりたかった理由

強くなりたかったのは

愛する大切な人たちを守るため。

 

111

 

そう思えるようになった

今の私がいます。

 


 

小学校6年生のころ

自分の力ではどうしようもできない

悲しい出来事を経験しました。

 

 

友達にも弱さをみせられず

中学、高校では

いつも明るく振舞うよう心がけていました。

寂しく、孤独で、臆病な自分は捨てて

 

誰にも頼らず

一人で生きていける

強い大人の女性になりたい。

girk6

 

そう強く思いながらいつしか大人になりました。

 


 

 

自分の中の弱さを封じ込めて

いつでも前向きに

 

毎日毎日頑張っていたら

自立した

強い女性になれると思ってました。

 

 

でも心の孤独感は消えません。

 

 

高校時代に始まった摂食障害は

自分をいじめる、苦しくつらい行為だと

頭でわかっていても抑えられず

7年間続きました。

 

 

心も身体も悲鳴をあげていました。

もう頑張れない。

 

 

 

心も身体もバラバラで

身体に症状が現れ始めます。

 

 

電車に乗るとすぐ気持ち悪くなる

人混みが苦手。

ストレスがあると眠れない。

他人の気持ちに共感しすぎて苦しくなる。

 

強くなりたかった私は

すぐ体調を崩してしまう

心も身体も

とても弱い身体になってしまいました。

 


 

 

追い打ちをかけるように

ある日

突然の事故で父親が亡くなりました。

 

私は26歳でした。

 

 

悲しみに浸る間もなく

父の経営していた会社の解散、清算などに追われ

1か月で体重が5㎏も減ってしまいました。

 

 

強くなりたかった私は

父の死で、憔悴し

心も身体もボロボロに弱ってしまいました。

 

 

少しもエネルギーがない。

もう何にもできない。

でも死ぬわけにはいかない。

でももう何にもできない。

 

 

自問自答する日々を重ねて

強がっていた裏に隠していた

自分の弱さを受け入れることができたとき

私は前を向くことが出来ました。

 

 

 

 

いつ死ぬのか

わからないなら

今をもっともっときちんと生きよう。

 

 

 

他の人にはできない

私だからできることを仕事にしよう、と

ウォーキングの仕事をする準備を始めました。

 

 

いつか幸せな家族を持ちたくなるかもしれない。

子どもを産んで育てたくなるかもしれない、

 

だったらその時のために

身体を大事にしようと決めました。

 

 

 

それから

アロマセラピーや自然療法、ヨガを学び

スキンケアや石けんを手作りする

シンプルでナチュラルな暮らしを始めました。

 

素直な自分を表現して生きていくこと

我慢や遠慮のある、無理な付き合いはしない。

裏表のある人には距離を持つなど

ストレスのない

心地いい付き合いができるよう

人間関係もシンプルにしていきました。

 

 

 

身体も心も大事に

自分を大事にできるようになった頃

私は2人の息子に恵まれました。

 


 

 

出産後は体調を崩すことが多かったため

身体の声を聴いて

自分でできる限りのケアをしました。

 

 

私の身体は、もう

自分だけのものでなくなっているということ。

 

身体も心も弱いままでは

育児もできません。

 

自分のせいで

愛する人=我が子を守れないという

責任はとても重く。

 

とにかく必死に、

自分の心と身体をいい状態で保てるよう

今も日々心がけています。

 


 

自分の身体は

大事な人を守るための大切なパーツ。

 

 

 

人によって愛する人の対象は違います。

 

恋人。

 

家族。

 

子ども。

 

友人。

 

会社の仲間。

 

 

 

誰かを愛し守るために

成長し、強くあろうとするのは

人間の本能。

 

 

 

だからこそ、

どんなに時代が変わっても

 

 

健康でありたい、

健康であろうとすることに

私たちが関心持つのは当然のこと。

 

 

 

あなたの大事な人は誰ですか?

 

愛する人を守れる

強い心と身体をもっていますか?

 

 

身体を大事にできていますか?

 

 

身体は悲鳴を上げていませんか?

 

 


 

新しい特別なウォーキングレッスンでは

あなたの身体の声をお届けしています。

6月のご予約も受付スタートしています。

 

日々、姿勢と歩き方を正しくしていくことで

積み重ね、創りあげていくことができます。

 

 

共感していただける方、

メッセージが必要な方に

届きますように。

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

~ ウォーキングセラピスト 多村亜希子 ~

【マイナスエネルギー】足がむくむ理由

なんだか最近身体が重い

足のむくみがとれない、

自分の足なのに、なんか嫌い。好きになれない。

 

 

 

これ、実は他者のマイナスエネルギーを

もらってしまっている場合があるんです!

 

 

 

私の新しいウォーキングレッスン。

あなたの身体から届くメッセージをお伝えして

身体の声を聴くこと、気づいてあげることで

 

姿勢もスーーーッと良くなり、

不思議とスムーズな足運びでウォーキングができていく

ウォーキングレッスンです。

 

 

身体の声が聞こえるようになったきっかけはこのブログ記事からどうぞ

 

 

他者の気持ちに敏感な方や

いつも友人の悩み事をきいてあげてしまう人

とっても優しい人に多いのですが

 

 

自分の身体に他者のエネルギーが混ざっていると

思うように身動きできないのです。

 

 

だから、レッスンでいくら姿勢や歩き方をお伝えしても

わかっていても上手く動けない。

 

 

そのことをお伝えすると

え~~~!!そうかもしれないです~。

 

ドキドキしながら

最近会った出来事

過去の記憶を振り返られる

クライアントがとっても多くいらっしゃるんです。

 

 

 

 

自分の身体を自分に取り戻すために

姿勢良くきちんと歩くことでオーラが整います。

 

 

レッスンでは、エネルギーをクリアにするための

セルフケア方法もお伝えしています。

 

 

自分の人生を歩むには

自分の身体を大事に扱うこと。

ケアしていくことで

 

 

他の誰か振り回されることなく

 

あなたらしい人生を

軽やかに美しく

歩んでいくことができます。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございました!

~ ウォーキングセラピスト 多村亜希子 ~

 

*6月もご予約受付スタートしています。

メッセージ付きNEW☆ウォーキングレッスン

【メッセージ付】NEWウォーキングレッスン

もっと身体を大切にしなくちゃ!

 

風邪をひいたとき、
体調を崩したときに

ベットの中で反省したことはありませんか?

tamuraakikosan_2


私は息子が3歳の時に
膠原病のリウマチを発症しました。

 

 

 

ウォーキング講師として6年が過ぎ
テレビや雑誌、メディア取材も多く頂き
実績も増え、これから益々頑張ろう!と
思っていた時期です。

 

 

 

身体中の関節、
足や手の指の小さな関節から
ひじやひざなど大きな関節が腫れあがり

 

 

 

立つ・座る・歩くを含めた
日常全ての動作に激痛を伴いました。

 

 

当時まだ3歳、
可愛く愛しい息子を

抱き上げることができなくなり
 

 

病気になってしまった
自分の身体を呪いました。
 

 

 
この子を守りたい。
 

もっともっと抱きしめたい!
 

 

 
それなのに、
思うように動かない身体に
イライラ、
どうしようもない
怒り、虚しさがこみ上げます。

 

 

 

足の関節も踵も
痛みと共に膨れ上がり

 

 

 

ハイヒールももちろん
普通の靴、スニーカーですら
激痛で、歩くことさえままならない日々。

 

 

もうウォーキングの仕事もできないかもしれない。

 

 

このまま一生治らなかったら?

 

どんどん悪化していったら?

 

 

不安と痛みで
眠れない日々が続きました。

 

 


 

 

どうしたら良くなるのか、
アロマセラピーやヨガ・気功、
スピリチュアルマインドを
20代半ばから
日常で取り入れていた私は

 

 

西洋医学のリウマチの薬は


副作用が強いこと、

症状は治まっても

根本的な治療には
ならないと感じました。
 

 

自然療法、
代替療法で

心理療法などで

 

膠原病リウマチと
自分の人生の課題、問題と

向き合うこと決めました。
 

 

 

 

頑固であること。

人に甘えられないこと。

弱さを見せれないこと。

寂しがりであること。

強がっていること。

 

 

 

私の不満、
不安、
隠していた感情、
心の声が

 

たくさんたくさんあり

 

 

身体に現れていると知ったときには
驚きました。

 

自分の気持ちに蓋をしていたせいで
身体を虐待し、
病気にしてしまったこと。

 

自分の気持ちを抑えていた結果
まだ幼く可愛い3歳の我が子を
抱き上げることができなくなったのです。

 

自分の身体をいい状態で保てないどころか
膠原病リウマチという
難しい病気になってしまうなんて

 

 

母親失格だと情けなくなりました。

 

心から自分のしてきたことを悔み
反省しました。

 

 

  

それから強く決意しました。
自分の身体を自分が一番可愛がって
愛してあげると。

 

 

毎晩、
お風呂上りに身体のケア、
お手入れをしました。


 

 

自ら調合した
アロマオイルでマッサージ。

 

リウマチの痛みの出る部分を
声をかけてあげながら
いたわるように
もみほぐしていきます。

 

 

当時3歳の息子も一緒に
マッサージしてくれました。

  


その手はとても小さいのに

優しく、あたたかく
思わず涙が滲んでしまう日もありました。

 

ありがとうね。
ママ、病気なおすからね。


元気になったらいっぱいいっぱい

遊ぼうね。。

 

 

腫れあがって
痛いところを触るので
できればやりたくないのが本音。

 

触れるたびに針を刺されているかのように
本当にとても痛むのです。

それでも逃げずに

「ごめんね、気が付かなくて。

これからは大事にするからね、

いつも私と一緒に

生きてくれてありがとう。」


と、

 

声をかけ
愛情をもってマッサージします。

 

 

すると、
 

翌日のその部分の
身体のこわばりがほぐれ
柔らかく動くようになっているのです。

 

身体と仲良くなれるよう
アロママッサージと合わせて

 

 

 

食事も身体にいいもの、
喜ぶことをしていきました。

 

ホメオパシーや
フラワーレメディ、
ヒプノセラピー
グルテン除去
歯科治療
電磁波対策
などなど

 

時間もかかりましたし、
お金もものすごくかかりました。

高額だから
その療法が効く、
というわけではありませんでした。

いろんなことをしてきて

一番身体が変わったと感じたのが

  

 

 

自分の気持ち=感情と
自分自身がしっかり向き合う方法でした。

 

 

 

感情を身体は記憶しています。

 

 

 

心地いいかそうでないか、
私の身体はいつも、
反応してくれていました。

 

 

寂しい、悲しい、悔しい、怒り、など
ネガティブな気持ちに身体が反応すると

 

 

胸が苦しくなる、
胃がむかむかする、
呼吸が浅くなる、

 

関節が腫れる
身体が重い、むくむ。

 

 

理性で無理やり
感情を押し殺すのではなく

 

身体の反応から
気持ち=感情を探り

 

 

気づいてあげ、
受け入れることで
クリアリングしていきました。

 

 


 

身体と自分と徹底的に向き合って
数か月後

 

  

 

ひどかった
リウマチの症状が落ち着きました。

 

 

 

私はまた
ハイヒールが履けるようになったのです。

 

 

痛みなく歩けること。
ハイヒールが履けることが本当にうれしくて


ウォーキングレッスンの
予約受付も再開しました。


 

すると
レッスン中、受講生である
彼女たちの身体の声が
聞こえることに気が付きました。

 

それはとても小さな
プライベートな声でした。

 

 

もっと、きれいな服を着たい。
 

もっと、私(身体)を大事にして。
 

本当に好きな人たちだけ一緒にいたい
 

身体をゆっくり休ませてほしい。
 

もっと、自由に生きたい。
 

もっと、女性らしい服を着たい

今の仕事は向いていない

 

本当はこういうことをしたい!

 

 

 

 

はじめはその声、
メッセージが聞こえることに驚きました。

 

 

 

 

伝えて怪しい人だと思われたらどうしよう
不安にさせたらどうしよう、と、
 

 

私自身も不安でした。

 

 

 

ある日のレッスンで
もともと私がスピリチュアルな素質を持っていることを
 

 

 

理解してくださっていた方に
許可を得て
身体からのメッセージを伝えました。

 

 

すると、

 

えっ!!!??

 

そうかも、そうです!
ああ、、私、

 

そうだ。

 

無理していた、
自分を抑えていた。。

 

 

と、
それまでの
経緯を話してくださり

 

涙を流されたのです。

 

 

我慢していた気持ち、
苦しかった感情を抑え込んでいた彼女。
 

 


気が付かないふりをしていたけれど

 

その感情に気が付き、
受け入れたことで

 

 

身体から余計な力が抜けて

その後のレッスンでは
驚くほどスムーズに
足運びが出来るようになっていました。

 

 

表情まですっかり明るくなり
エレガントで女性らしい
美しいウォーキングフォームが
あっという間に
できるようになったのです。

 

 

ご本人ももちろん、
その身体の変化の早さ、
心の変化に気がつかれて、

 

 

「このメッセージを聞くために
 亜希子先生のレッスンを選んで
 通っていたんですね!」
 

 

と、柔らかい
優しい笑顔でおっしゃってくださいました。

 

 


 

 

正しいウォーキングが
健康にも美容にもいいということは
世間では常識となっています。

 

 

 

それなのに、
私がウォーキング講師として独立し
10年たった、今でもまだ

 

日常できちんと歩いている人は
ほとんどいない


日本の現状を
とても残念に感じています。
 

 

 

姿勢が猫背で呼吸が浅く、
酸素不足で顔色が悪い人。

 

 

内またでベタベタ、
足を地面に叩きつけて歩いている人。

 

歩くラインがずれ横に揺れているせいで
腰やひざを痛めつけている人。

 

きちんと歩かない、
靴のせいできちんと歩けない、
という選択をし

無意識に身体をいじめている
多くの人たち

  

もうそろそろ、
身体は悲鳴を上げてしまうかもしれません。 

 

 

正しいウォーキング、
きちんと歩くだけで

 

酸素が十分に身体にいきわたり
血流がよくなり、
細胞が活性化します。

自家製ホルモンが分泌され
気持ちも安定し、
脳にも良い刺激が与えられていきます。

 

 

正しいウォーキングこそ、
身体をケア、大事にすること。
心と身体の両方からバランスをとることのできる
セルフセラピーなのです。

 

 

 

 

愛する子どもを
健やかに育てることも

 

 

ビジネス・仕事での成功も

 

 

 


目標も夢も、幸せも、

 

全て、
身体が動き
導いてくれるからこそ
実現できるのです。

 

 

 

日々、身体を酷使し、
感情を押し殺し
いじめ続けるなら

  

病気やケガなど、
思いがけず
身体に裏切られてしまうことを

私は自身の経験から学びました。

 

 

リウマチの症状は

今でも時々現れます。

 

 

その度に私は、
ゆっくりと時間をかけて
自分と向き合うことにしています。

 

面倒だからと、
後回しにして
感情を抑え蓋をして

 

 

病気になるまで
放っておくこともできます。

 

 

自分の身体の声をきき
感情と共にケアしていくことで

 

 

自分の身体と
仲良くなることができます。
 

 

身体が喜ぶと、
エネルギーが溢れ
行動的になり
現実がうまく動き出します。
 

 

身体のメッセージを聞き
本当の感情に気づき、
受け入れることで

 

簡単に美しく歩けるようになったら
すごいと思いませんか?

 

 

~ 身体も心も美しい私へ ~
 

スピリットと身体からのメッセージを伝える
新しいウォーキングレッスン、はじめます。

(まだ、ネーミング決まってないのでそのままです)

 

メッセージをお届けすることは
私にとっても新しいチャレンジになります。

 

ですから、
ここまで読んでくださり

 


共感いただける方だけを
特別価格で
プライベートレッスンにご招待したいと考えています。

 

スタジオ代も含めた通常のウォーキングレッスンは
90分30,000円(税込32,400)です。

今後このメニューをブラッシュアップし
100分50,000円で提供していく予定です。

 

今回は私にとってのチャレンジとなりますので
共感いただける方、体験してみたい方、
アンケートやネーミングにご協力いただける方に

100分→20,000円(税込21600)で
特別ご招待させていただきます。

*このご招待価格は、私が十分だと感じられる人数に達した時点で終了し、予定していた価格へ改定させていただきます。
スピリット&身体のメッセージを伝えることで
身体が素直になり、
正しいウォーキング方法を
スムーズに身に着けられます。

本来のあなたらしい美しい歩き方、
生き方で人生を歩めるようになります。 

 

もちろん、
ウォーキング講師歴10年、
正しい姿勢~歩き方、
基本のウォーキング方法を
しっかり指導いたします。

 

足の採寸、フットプリントも行います。

 

申込時に足のサイズを教えていただいた方へは
長さ、足幅にぴったりな靴をお持ちしますので
その場でご試着いただけます。

 

盛りだくさんなレッスン内容は
下記をご覧ください。




◇◆レッスン内容◆◇

<スピリット&身体からのメッセージ>

レッスン中、その都度必要なタイミングでお伝えしています。

足や背中から声が聞こえてくることが多いです。
文章としてはっきり聞こえる、というより感じる、
が、より近いかもしれません。

私の表現、言葉にしてお伝えしていきます。


<Lesson1>→身体の悩み・足トラブルなどをヒアリング。

<Lesson2>→足の採寸、フットプリント。
本当の足のサイズと足の特徴、靴選びのアドバイス。

<Lesson3>→姿勢や歩き癖のチェック。
 動画撮影で確認します。

<Lesson4>→基本姿勢 

<Lesson5>→基本のウォーキング。
~歩幅、足運び、重心移動、ラインウォーク、腕の振り~
最後に動画を撮影し再チェック、
日常での注意点と、トレーニングをお伝えし終了。


*動画はLINEやSNSで送ります

*会場はJR大崎駅徒歩5分の美しいスタジオ。
*レッスン日は5月末日まで設定可能です。

 

今回お申込みいただいた方への特別プレゼント
①身体と仲良くなれる美脚アロマオイル後日プレゼント。
②身体からのメッセージをオイルと合わせて同封いたします。

あなたに今、必要なメッセージが届きますように。

 

ウォーキングセラピスト 多村亜希子

 


 

お申込は下記からどうぞ
レッスン候補日を3ついただけると助かります。

性別 (必須)

希望レッスン (必須)

お知りになったきっかけ

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

ウォーキングセラピスト 多村亜希子
http;//akikotamura.net/

【ウォーキングレッスン6】足と靴とウォーキングと。

ウォーキングセラピスト多村亜希子です。

 

シリーズにしてお届けしている
ウォーキングの基本の「き」。

 

ウォーキングとは?
ウォーキングセラピーとは?
ウォーキングで期待できる効果効能などについて

ブログでご紹介していきますね。

 

<これまでの記事>
◆ウォーキングレッスン1
→ウォーキングセラピーとは?

◆ウォーキングレッスン2
→ウォーキングとダイエット~美しいボディラインのために~

◆ウォーキングレッスン3、番外編
→モデルの心得

◆ウォーキングレッスン4
→美しく歩きたいなら姿勢から

◆ウォーキングレッスン5
→ラインウォーク

今日は【ウォーキングレッスン6】
→足と靴とウォーキングについて

先日個人ウォーキングレッスンを受講下さった方のお話からです。

 


 

私のウォーキングレッスンでは、

足の採寸、フットプリントで正確なサイズをお伝えし

これまでの足の悩み、姿勢や歩き癖の原因がどこからきているか、

靴、足、ウォーキングで具体的にどのようにすれば

改善されていくのかをクリアにお伝えしています。

 


 

個人ウォーキングレッスンを

お申込下さったEさま。

 

Eさまは

足の幅が細いので合う靴が

これまでなかったという事実が発覚!

「ずっと足幅が広いから、靴を履くと痛むんだと思ってました!」と

おっしゃるのです。

 


 

 

足幅が細い
  ↓
合う靴がない
  ↓
脱げないように歩く
  ↓
姿勢や足のトラブル、
ラインが崩れる
  ↓
上手に歩けないから
ウォーキングレッスンを
受けてみる。
 

猫背だし、歩き方も

なんとなく自信がないし・・・
と、ウォーキングレッスンを受講下さる方って
実は、

自分の足のサイズと

靴が合っていないっていう方がほとんど。  
 

 

10年ウォーキングを指導していますが

スニーカーなど歩きやすい靴はともかくとして

パンプス、ハイヒール、革靴などは

サイズがあっていなければきちんと歩くことはできません。

 

足と靴とウォーキングと、

3つが整っていなければ

美しく歩くことも颯爽と歩くことも

アーチをもったバランスのいい足を維持すること、

無駄な張りやむくみの無い脚をもつことも

難しいのです。
 

 


 

私が起業した10年前に比べて

ウォーキングレッスンを受講できるところが

たくさん増え

講師やレッスン場所、スケジュールなど

都合に合わせて

どのウォーキングレッスンに申し込むか、という選択肢も

本当に増えました♡

 

 

しかし、残念ですが

足のサイズの正確な採寸、

歩き癖の原因、

靴のアドバイスまでしてくれる

ウォーキング講師は

まだほとんどいないのです。。

 

 

足と靴とウォーキングの知識、

学べる場所が

それぞれ独立し、多く溢れています。

 

この現状は私は良くないことだと感じました。

だって、切り離してはいけない知識だからです。

 

でも、全てのサービスが分かれてしまっているので

足は?靴は?レッスンは?と、

どこにいったらいいか、迷ってしまって

結局決められずに、

時間の無駄使いをしてしまった、と

悲しくなってしまいます。

 

 

こんな今だからこそ、

私は

足と靴とウォーキングを関連付け

悩みを解決するサービスとして

ウォーキングレッスンを提供しています。

 


年齢を重ねていく度に、残された時間は本当に貴重な時間です。

 

それは私にとってもそうですから

これまでの指導経験、学びの中で

本当にクライアントにとって大切な知識、情報を

レッスンでお伝えしています。

 

 

こんな熱い想いがあるのですが

4兄弟ママとして時間が制限されているので

レッスンのお申込を受けられる日も少なく。。

 

土曜日はすぐに予約で埋まってしまいますし

日曜祝日はお休みで、

平日の昼間が基本的に予約をお受けできる日となっています。

 

ですが、

特別にお休みや半休をとって

お申し込み下さる方も多く

私も心からありがたく、

ご縁を大切にしていきたいと感じるのです。

 

そんな個人レッスンは、

お1人ずつしっかり向き合い

ウォーキングや足、

靴の大切さを

伝えていくことができるので

今の幸せ♡な私の仕事のスタイルでもあったりします。

 



今日も読んでくださってありがとうございます。

 

~ ウォーキングセラピスト 多村亜希子 ~


◆多村亜希子のウォーキングレッスン◆

スニーカーやローヒールの靴から
ハイヒール

 

健康ウォーキングから
エレガンスなウォーキング、
立ち居振る舞いまで


姿勢、
歩く、
美しい所作までを


マンツーマンで学び
身に着けることができます。

 

ウォーキングレッスン5【ラインウォーク】

ウォーキングセラピスト多村亜希子です。

 

シリーズにしてお届けしている
ウォーキングの基本の「き」。

 

ウォーキングとは?
ウォーキングセラピーとは?
ウォーキングで期待できる効果効能などについて

ブログでご紹介していきますね。

 

<これまでの記事>
◆ウォーキングレッスン1
→ウォーキングセラピーとは?

◆ウォーキングレッスン2
→ウォーキングとダイエット~美しいボディラインのために~

◆ウォーキングレッスン3、番外編
→モデルの心得

◆ウォーキングレッスン4
→美しく歩きたいなら姿勢から

 

 


 

今回はウォーキングレッスン5回目です。

テーマは「ラインウォーク」

 

 

歩く時には足を前に前に出して進みますが

足を着地する場所もまた重要になります。

 

 

意識せずに歩くと

身体の癖や身体の左右差(歪み)により

足は左右バラバラに地面に着地して

アンバランスになってしまいます。

 

左右の間隔が広ければ
いわゆる「がに股」

女性として美しさとかけ離れた歩き方になってしまいます。


 

そこで意識していただきたいのが

1本の線 です。

 

 

1本の線の上を歩くように

おへそから真っ直ぐに前に1本のラインが

伸びているのをイメージして

その上を歩きます。

 

平均台の上を歩く時は

落ちないように

1歩1歩丁寧に歩きますよね。

 

道を歩く時も平均台をイメージして

1本の線の上を歩く

ラインウォークをしましょう。


 

おへそは自分の身体の真ん中にあります。

その身体の中心を意識して歩くと

左右のブレが少なくなり、

歩いているときの横揺れを抑えることができます。

 

 

横揺れが減ることによって

身体への負荷が減り

効率よく前に進む=歩くことができますし、

見た目にも美しい歩き方になります。

 

 


 

ラインウォークをしても

おしりがプリプリ揺れて歩いている女性

多いですよね、

 

 

明日はその原因を探り

解決する記事をUPしますね♡

 

 

 

今日をお読みくださりありがとうございます。

 

~ウォーキングセラピスト 多村亜希子 ~