子どもの足の長さの測り方♪

日本中、子育てママさん、
靴を買いに行く前には
必ずちゃ~んと
お子さんの足の長さを測ってあげてくださいね!

さあ、おさらいですよ~。

紙を壁にピッタリつける。

足の周りを鉛筆やペンでなぞっていく。

かかとの一番出ている部分、
つまり、
下に敷いている紙の端から
指の一番長い部分の長さまで

*息子の場合は人差し指
定規で線を引いて、

その長さを測る=足の長さです。

フットゲージがなくても
お店で店員さんに長さを測ってもらわなくても
フツーにおうちで測れるので

子どもに

「きつくない?どお?
大きくない?ちょどいい??どんな感じ??」

と、感覚を任せないでくださいね。

快適な靴を選ぶことなんて
まだ出来ない年齢
5歳~11歳前後までが

身体の土台となる
足が形成されていく
ゴールデンエイジなんです。

この時こそ、足と靴を丁寧に
親が合わせてあげることが大切です。

靴を購入するサイズは、
成長期でも
実寸から大きくても0.5mmまでにしてくださいね!!