今回は、歩くときのつま先の向き(歩行角)についてです。

あなたが普段なにげなく
歩いているとき
足のつま先はどちら側を向いているか知っていますか??

・両足つま先が内向きになっている(内また)
・片足だけ内向きになっている
・両足外側を向いている
・片足だけ外側を向いている
・両足まっすぐ進行方向を向いている

歩いている時
足が地面に着地したときの
つま先の向きのことを
「歩行角」といいます。

BCFD3C90-7011-43EC-859E-1ECFD3D0D01B

歩き癖によって
片足だけ角度がついている人も
とっても多いですが
左右均等にバランスがとれるほうが
もちろんいいんです。


通常歩行では

この歩行角を5度くらいにして
歩くのがベストと言われています。


私の伝えている「美歩行学」では

15度くらいがベスト。

そもそも、
つま先の向きを外側にして
歩行角をつける意味ってね
どんなことだと思いますか??

ただ、足をつま先まで長~く
スラーっと見せるため!

ではないんですね。

支持基底面=体重を支える面、が
歩行角をつけることにより広がるので
安定したウォーキングをすることができるんです。

私の美歩行学では
ラインウォークがベースになります。

1本の線の上を歩くので
通常歩行の5度よりもう少し角度をふやし
15度くらいにすると支持基底面が広がり
歩きやすくなるんですね。

初めてイメージイラストを書いてみました。笑。

画面上で見るコトバだけじゃ
伝わりづらいから
視覚でパッとイメージできそうで
いいかも~♡

無地の紙を探していたら
次男の大事にしているこれをみつけて

借りちゃいました。
あとでお礼を言わないとね!

歩行角はね、
歩いている時の
つま先の向きの角度ですけど

立っている時にも
つま先の向きが
同じ場合が多いですから、

信号待ち、レジ待ちのふとした時に
自分の足をチェックしてみてくださいね!

 


【無料】5days歩行美人♡動画レッスン♪


2019年度受講生募集中!体験レッスン2月3月

・・・・

インスタではプライベートも。良かったらフォローしてくださいね!
instagram.com/walking.aki


いつも応援くださりありがとうございます~多村亜希子