~EBL~
(Evidence based Lesson)とは
「エビデンスに基づくレッスン」

今日は足指・足トラブルについて

実は足トラブルが年々増えています。

足指では
外反母趾や内反小趾、
ハンマートウ、
巻き爪などがあり

足部では
足首が硬くなる
アーチの低下、
偏平足や開帳足など。

主な原因は

・足に合う靴を履いていない
・運動不足による足部の筋力低下
・女性であること

が考えられます。

まず、
・足に合う靴をはいていないこと。

これまで靴は
足長、
かかとからつま先までの長さの選択しかなかったため
靴の中で足が動くことでトラブルが起きていた。

足囲=ウィズ、
親指の付け根から小指の付け根までぐるっと囲んだ長さも
きちんと把握し、
市販の靴のウィズE~2Eに満たない場合は
インソールなどで調整する工夫が必要。

次に
・運動不足による筋力低下

便利な生活になり、歩くことが少なくなった現代人。
使わない部分は衰えるので
足部の筋力が低下し、
体重をささえられず、足指やアーチに負荷がかかる。

また、
・女性である

男性と違い、出産する性である
女性のじん帯は元々緩みやすいため
足部アーチのじん帯で緩みやすく
加齢とともにアーチが崩れていく。

トラブルを抱えたままでは
心地よく歩くことはできません。

足に合う靴を履く、
インソールで工夫する

運動をする=しっかり歩く

今より筋力低下がすすまないよう
現状維持を心がけ、
足部を大切にする

など、
一生心地よく自分の足で歩くために
自分の足を知ること
そしてきちんと歩くことを
日々心掛けていきましょうね!