AKIKOです。

今日はスニーカーの靴選びについて。

スニーカーは
アウトソールがゴム底で出来ていて
地面へ着地するときの衝撃を吸収し
足に負荷が少なく歩くことができます。

スニーカーの靴選びのポイントは

・足長があっていること
・シューレース(紐)で足幅、甲に合わせられること

この2つを満たしていればほぼOKだと考えます。

中には

スニーカーだけどヒールが高いもの
スニーカーだけど紐がなくスリッポンタイプ

がありますが
ヒールが高ければ
靴の中で足が前滑りする可能性が高いため
靴紐やベルトなどをしめましょう。

また、スリッポンタイプは
脱ぎ履きがしやすい分、
楽だと感じることがありますが

歩行時にやはり足が靴の中で動き
前滑りする可能性が高いです。

親指の付け根と小指の付け根から
足の甲まで
しっかり紐で締めることで

歩行時の足の動きと
靴が一体化して

脱げることがなく
しっかり1歩1歩
足を運んでいくことができます。

靴紐があっても
しっかり足に合わせて締めなければ
ほとんど意味がありません。

面倒でも
脱ぐときには靴紐をほどき
履くときにはもう一度
紐を結びなおす、
これが一番です。

面倒くさいからと
靴を履くときにそのまま足入れしてしまうと
踵がつぶれたり
変形することになってしまいます。

着地時の衝撃で
ブレをおさえるために
スニーカーでも踵はとても大事な部分です。

小さいお子さん、
男性などはよく
この踵を踏みつぶして履いている人を見かけますが

絶対にかかとは
踏みつぶさないようにしましょうね!

立ったまま靴を履き、
靴紐を締める動作は難しいので

玄関にスツールを置くなどして
座ってしっかり靴紐を締める

欧米では当たり前の習慣を
靴を履くことが日常になった
私たち日本人も
身に着けたいものです。

img_5506.jpg