久しぶりの更新です。

しばらく
体調を崩していましたが
ようやく元気を取り戻しました。

先が見えない不安と恐怖と
それをさらに煽るような
テレビやネットのニュースに
思考停止になり

子どもたちを守りきれるのか
という不安に押しつぶされそうな気持ちを
押し殺してしまっていました。

それがストレス、
体調不良となって
身体に症状となって表れました。

この状況は
不安で恐怖でも仕方ない、
むしろ当然だから大丈夫。

自分の弱音を
受け入れてみると
自然に涙が滲んできましたが

きちんと感情を
認めてあげることができたら
少しずつ気持ちが落ち着いてきて

ここからどうしたい?
私は何を選択する?
を考えられるようになりました。

3月4月はレッスンなど
対面で行う仕事は自粛しています。

東京のロックダウンが
いつ行われたとしても
個人的には今、同じ状況で
暮らしています。

経済がストップすることで
ものすごく不安はあります。

でも一時
経済がマイナスになったとしても
いのちはまだ続いています。

いのちが続いていたら
元気があれば
人は何度でもやり直せるんです。

今、苦しい状況の人は
日本だけでなく
世界中にいます。

だから自分だけではありません。
いつの時代も
苦しい時を乗り越えてきています。

こんな時こそ身体が大事です。

心が不安に侵されて
身体まで壊れてしまうことが
一番良くないと
先日の経験から感じました。

GW明けまでは
子ども達も休校で自宅にいるため
3蜜をさけ
濃厚接触しない方法で

上手にリフレッシュし
楽しく過ごせる方法を
見つけていこうと思います。

男性はどうしても
狩猟、移動して戦う
本能があるので

家庭を守る=経済活動を
続けることが大事だと感じ
動くのは仕方のないことかも
しれません。

ただ、女性は
家族を守るために
大切な人たちを守るため

食事をつくったり
環境を整えたりして
今も昔も
「いのち」を繋げ
育んでいくことが本能でした。

経済活動をストップして
不安だとしても

今家にいること、
命を守ることが
女性の本能なんだから
それでいいって感じました。

経済活動がストップすることに
不安で仕方なく

身体を壊して寝込んで
結局子ども達まで不安にさせ
家庭みんなから笑顔が消えることのほうが大変です。

心と身体の健康って何においても一番大事。
本当に本当に。。。。

 


今回の先の見えない不安や恐怖って
「死」がいつ自分に来るんだろう
と怯えるような気持ちに似ていました。

今回の「死」は
いのちの「死」だけではなくて
安定が終わること
今の環境が終わることを
意味していて

今の安定した仕事が終わること
今の安定した人付合いが終わること
今の安定した生活が終わること

だったりするのかもしれないと。

だけど
時代は変わっていくものだし
環境も変わっていくもの。

「令和」を迎えて2020年は
これまでの時代の終わり。

不安や恐怖を受け入れて
乗り越える勇気をもって
新しい世界に1歩踏み出そう。

新コロナが収束したあとにも
いろいろな不安や恐怖なことが
起きるかもしれない。
そんな時のために
今このタイミングで
「いのち」を優先させるために
どう備えるか?

・健康の基礎体力
・心の基礎体力
・家庭生活の基礎体力
・経済の基礎体力

を今からでも
私は意識して過ごしてみます。

たくさんの人が
今ある「いのち」を大切に
人生の時間を生きられるように

心と身体の元気をつくっていけるように
笑顔と楽しい選択を通じて
私ができることを
役立ててもらえたらと思います。

1人でも多くの人が
新しい時代を笑顔で迎えられますように!