AKIです。

私がウォーキング講師として個人事業主となったのは
2006年12月。

今、14年目なのですが
ウォーキング講師になるまでのいきさつを。

2019aki2

高校生の頃
通っていた美容室で声をかけてもらい
サロンモデルとして
ヘアショーに出ていました。

高校卒業後、東京では
小さな個人のモデル事務所に所属するも
東京のオシャレで洗練された
キラキラした同業の女の子に圧倒され
まったく自分に自信が持てずに

高校時代から抱えていた摂食障害が
エスカレートし
心も身体もボロボロ。
それでも前を向いてなんとか明るく
生きていました。

当時業界で有名な方に
ウォーキングのセンスを見初められ
レッスンに通う許可をいただき
1年間ほぼ毎日レッスンに通い続けました。

その方はファッションショーや
芸能事務所の全国オーディションなどを
演出制作していた方で

ある日、その方の事務所に
モデル事務所の女の子たちが顔見せに
たくさん訪れていたときのことです。

「AKIちゃん、あの子たちの歩き方をみて、
癖を見抜ける?やってごらん?」

と言われ

ここはこうなっている、
あそこはこうなっている。

だから、こうしてああして、
と、伝えたら

「AKIちゃんは自分で完璧に身に着けたから
 他の人のことも良くわかるんだよ。
 AKIちゃんにはそのセンスがある。

 ここまで学んだからこそ
 今度は人に伝えられるよ。

 これからウチに来るモデルの子たちに
 少しずつウォーキング教えていったらいいよ。」

今振り返ると
すごい言葉なのですが
当時の私はネガティブで

今の私はモデルとして成功したいのに
いくら教えられると言っても
モデルで売れなくちゃ意味がないから

教える側にいったら
もうモデルじゃないじゃん!
なんて思っていました。

そんな私に恩師は

「いつかきっと役に立つからね。」

といつも言ってくれていました。

~つづく~



◆5/31〆‼2大特典付き
【第2期】オンラインウォーキングスクール

fb

◆2020年9月期ウォーキング講師養成講座
◆多村亜希子のウォーキング美学

◆「誰でもキレイに見える美しい歩き方」文響社刊

*多村亜希子のセミナーやレッスン募集は
メルマガ読者の方にイチ早く優先案内を届けています。

登録がまだの方はこちらからどうぞ。