こんにちは。
AKIです。

今日はEBL
ハイヒールの靴選びについて。

ハイヒールは女性だけが履ける
脚をすっきり美しく魅せることのできる
魔法の靴。

そもそもハイヒールはいつ頃
出来たのでしょうか?

~Wikipediaより~

ハイヒールの歴史の起源の説は
いくつかあり、
定説は定まっていない。

ルイ14世は背を高く見せるために
愛用していたなど、

前近代から近代初期にかけて
男女を問わず履かれていた。

しかし、ナポレオン戦争が始まり
戦場を駆け回るために
男性は機能的な
靴を選ぶようになったため、

ハイヒールは
女性の履物と見なされるようになったのだとか。

jeremy-wong-weddings-FL0RnS5fyp4-unsplash

外見をスタイルUPさせるために
ファッションを引き立たせるために

というのが目的で
沢山歩くための
機能性の高い道具=靴ではありません。

ですから

たくさん歩く日
健康のために歩く日

には適さないと
私は判断します。

それでも
お仕事でのイメージ戦略もあると思いますし
大切な人との食事で
素敵なレストランへでかけたり・・・など

ハイヒールを履いた自分で
時間を過ごしたいときに
その自分のイメージに合う
美しいウォーキングをしたいですよね。

そこでハイヒールの靴選びが大事になってきます。

ハイヒールの靴選びのポイントは
大きく2つあります。

まず1つめはサイズです。

足の長さ、
足囲のサイズに合うものを選びましょう。

ハイヒールはヒールに高さがあるため
このサイズ選びは慎重に。

ここで失敗すると
靴と足が合わないため
バランスがとれずに
不格好なウォーキングになってしまいます。

2つめはヒール高です。

私は7cm以上の
ヒール高があるものを
ハイヒールと考えています。
中には12cmヒールと
いうのまであります。

ヒール高さを選ぶとき
その靴の
見た目の美しさだけで選ぶと
「歩けない」ということが
よくありますが

これはヒールが高ければ高いほど
足部と脚部の筋力が
必要になってくるからです。

普段運動を全くしていない方
ヒールを履かない人は
いわゆるハイヒール筋といわれる
筋力が少ない場合もあります。

そういう方は無理せず
7cmのヒールから
チャレンジしてみてください。

また、
ハイヒール筋を鍛える
エクササイズもありますので
レッスンでお伝えしています。


そのほかにも
歩きやすいハイヒールを
選ぶためには

中々素人では判断の難しい
細かでマニアックなポイントが
いくつかあります。

これを話し出すと
永遠に止まらなくなるのでw
またいつか!

レッスンの
クライアントには
靴同行ショッピングサービスも
行っています。

DSC_0236

自分の足に合い
美しいウォーキングを叶える
ハイヒールが1足見つけられたら

お手入れしながら
大事に大事に長く愛用していきましょうね!